生菌

乳酸菌は胃酸に弱い

以前乳酸菌は体にいいもの、お腹の調子が悪い時に利用すると効果的などと認識してきた乳酸菌ですが、今は予防医学という観点からも注目され、免疫機能向上や抵抗力をつける、アレルギー疾患等へも効果があり、様々な分野から注目を集めています。
乳酸菌の広告を見ると「生きたまま腸まで届いて働く」という言葉を見ることがありますが、これは、生きたまま乳酸菌が腸内に届くことで、悪玉菌を撃退し、腸内環境を良くしてくれる効果が強いから、生きたまま腸に届く方が有効といわれるのです。

ただ乳酸菌というのは胃酸に弱い性質で、摂取しても胃酸や胆汁酸にやられてしまうため、腸に届く数は少ないといわれていました。
現代は植物性など、胃酸や塩分に強い耐性を持った商品が販売されていますので、胃酸に強い商品を利用できるようになっています。

現代では死滅した菌類にも人の体に有用な働きをするという事がわかってきていますが、以前生きたまま腸に届かないと、摂取した意味がないとも伝えられており、今も死滅した乳酸菌食品をとっても買うだけ無駄と思っている方が多いようです。
生きたまま腸に届くことで、善玉菌の増殖、悪玉菌の抑制などを行ってくれることは確かです。
ただもし、胃酸に弱い乳酸菌であっても、死滅してからも有用に働くことがわかってきていますので、生きている、死んでいるに限らず、乳酸菌を毎日継続的に摂取することが望ましいのです。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.