生菌

自分で作成できる乳酸菌

乳酸菌はヨーグルトや納豆など発酵食品から摂取するもの、市販されているものを購入して利用する、というのが一般的でしょうか。
でも、乳酸菌について深い理解をお持ちの方は、自宅で、自分で乳酸菌を作り生活に活かしています。
例えば温度さえ注意をしていれば、豆乳に市販のヨーグルトを大匙1杯くらい混ぜて時間を置けば自家製ヨーグルトができます
ヨーグルトメーカーなどもありますので、利用されてみてはいかがでしょうか。

また水キムチの元となるもの、米のとぎ汁でも乳酸菌を作ることができます。
白米よりも玄米のとぎ汁がオススメですが、玄米1合から2合をまずお水で洗って流し、次はよく研ぎこんで白濁したとぎ汁になったらそれを利用します。
そのとぎ汁にお塩を小匙1杯くらい、黒砂糖やてんさい糖などを大匙に2杯程度入れてよくかきまぜます。
ペットボトルなどとぎ汁を入れる容器を丁寧に洗い、ガラス瓶ならきれいに煮沸消毒してください。
そこに材料を入れたとぎ汁を入れて、「太陽が当たる」場所に置いておけば、4日から6日程度で完成します。
においをかいでみて腐敗したような臭いと感じるような臭いでなければ成功です。
米のとぎ汁乳酸菌の作り方について詳しくはこちらにも載っています。

お野菜にこのとぎ汁を浸して冷蔵庫で半日から1日冷やせば水キムチができます。
乳酸菌はこうして身近なものから作ることも可能なんです。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.