生菌

生菌の乳酸菌の詳細

生菌という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
一般生菌といわれますが、これは、菌類の種類に係わることなく、生きたままの細菌という意味です。
食品でいえば、その食品に生きたままの菌類がどの程度存在するかという場合、生菌の率を調べるという事になります。

乳酸菌は生きています。
つまり乳酸菌は生菌という事になります。
乳酸菌は胃酸などの商家得駅にとても弱く、食べても胃酸で溶かされてしまうという事が言われていましたが、最近は生きたまま胃酸に負けず腸内にたどり着き、腸内でいい働きをしてくれる乳酸菌配合の食品などが登場し人気を得ています。

生菌の乳酸菌であっても、一度摂取したからといってその高い効果を感じさせてくれることはありません。
もともと腸内に存在していたものは別として、外来から取り入れた乳酸菌については、定着するという事がないんです。
そのため、生菌であっても定期的に継続的に腸内に存在させておく必要があります。

免疫力アップを狙ってこうした商品を摂取するという事であっても、1週間食べたからこの後しばらく大丈夫という事はなく、常に乳酸菌を体内に摂取するという事が必要な菌なんです。
生菌を摂取すれば元気のいい生きた菌が腸内で活躍してくれますが、それも継続て効果を発揮してもらうためには、毎日乳酸菌配合の食品等を摂取していく必要があるのです。
乳酸菌が含まれている食品について詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。


Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.