生菌

R-1乳酸菌の詳細

インフルエンザが流行する季節になると爆発的に売れる商品があります。
ここ数年、秋口から春にかけて、R-1乳酸菌配合の商品は飛ぶように売れ、スーパーなどの店頭で見つけることができないほどの人気でした。
腸内環境をよくするという事で認識されていた乳酸菌ですが、免疫力をアップし、ウイルスや細菌に強い体を作るという事が注目され、R-1は一躍知名度の高い乳酸菌となったのです。

ラクトバチルス・ブルガリクス OLL1073R-1という乳酸菌を「R-1」と呼びますが、EPSという物質を多く作り出すという働きを持っています。
このEPSという物質は免疫力を向上させる効果があり、風邪予防やインフルエンザ予防になるとして一躍有名になりました。

R-1が作り出すEPSという多糖体は、NK細胞「ナチュラルキラー細胞」を活性化し、働きを強くするという効果があります。
ウイルスが侵入していないか見張り役となるとともに、感染を見つければ即座に攻撃し、症状学科しないようにしてくれるという乳酸菌です。

高齢者など抵抗力が弱い方々はインフルエンザで重篤な症状になる事もあります。
そうならないように、もしウイルスに侵入されてもはじき出す強い体にしてくれるのがR-1です。
乳酸菌は働きを強くするまで2週間くらい必要です。
インフルエンザ流行の時、という事ではなく常にR-1で免疫力を高め、病気に負けない体づくりをしていきましょう。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.