生菌

乳酸菌の殺菌温度

絞ったばかりの牛乳には乳酸菌が存在しています。
でも市販されている牛乳については乳酸菌が存在しません。
それは、牛乳を多くの方に安心して飲んでもらうために、殺菌を行うのです。
この際牛乳は高温殺菌されるため、乳酸菌が死滅してしまい牛乳には乳酸菌が存在しないのです。
中には低温殺菌されたものもありますが、品質が安定しないため市場に出回る事はほとんどありません。

乳酸菌は高温処理すると死滅します。
高い温度に非常に弱い性質を持っていて、通常60℃では30秒ほどで死滅してしまい、100℃あれば数秒で死滅してしまいます。
ただ死滅した乳酸菌にも健康効果があるという事で現在研究が進められていますので、キムチ鍋などを食べてまったく健康効果がないという事はありません

乳酸菌を生きたまま殺菌するためには45℃くらいから60℃以上にならない程度の温度で殺菌を行います。
これ以上の温度になると死滅してしまいますし、60℃でも30秒経過してしまえばほとんどが死んでしまうので、温度調整には最新の注意を払い、元気な乳酸菌が商品に入る様に心がけているはずです。
その他にも乳酸菌の弱点はいくつかありますので、詳しく知りたいという方はこちらのサイトをご覧ください。

生きたまま腸に届くという商品が多くなっていますが、どのような殺菌を行っているのか、商品を理解するという事も必要です。
またどんな種類が利用されているのかも確認してみましょう。

生きたまま腸まで届く乳酸菌が入っているサプリメントは多くの方から支持されています。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.