生菌

殺菌と記載されている乳酸菌

様々な乳酸菌商品が人気となっていますが、商品詳細を見ると中には「殺菌」と書かれている場合があります。
殺菌ということは乳酸菌も死滅してしまっているのか?と心配になる方も多いでしょう。

乳酸菌食品は体に良い効果をもたらしてくれるものです。
ヨーグルトなど味もよく、スッキリ味わえるものが多くなっています。
通常こうした商品には香りや酸味がプラスされているものが多いのですが、この旨味を残しておくために殺菌を行う場合もありますし、乳酸菌によって発生する乳酸や酢酸が強すぎて、容器を溶かしてしまう可能性がある、というような場合、殺菌を行います。

ただ乳酸菌というのは高温に弱い、という性質を持っているため、こうした殺菌は低温加熱殺菌です。
乳酸菌の場合、60℃で30秒熱すると死滅します。
100℃の場合即死滅状態です。
そのため、低温殺菌は45度から60℃の間くらいでじっくり低温で殺菌したものです。

殺菌されていると知ると、乳酸菌が死んでいて生きたまま腸内に届くという事が出来ない、イコール有用性のないものと考える方もいます。
でもそうではなく、死なないように、でも商品として問題がないように低温で丁寧に殺菌し、生きたまま腸に届く乳酸菌の商品を販売しているのです。
殺菌という言葉が書かれていても効果がないという事はありませんので心配いりません。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.