生菌

乳酸菌の摂取量

健康にいいとされる食品類でも、過剰に摂取してしまうと逆に健康被害となってしまう事もあります。
タンパク質にしても炭水化物にしても、過度に摂取が継続すればメタボリックシンドロームや生活習慣病などの危険性を秘めています。
人の健康的な生活をサポートしてくれる菌として、乳酸菌がありますが、乳酸菌の場合、どの程度の量が適量なのでしょうか。

一般的にヨーグルトhttp://xn--vck8crc619onqewq0bci5b83w.tokyo.jp/n3.htmlでは、200gから300g位が適量といわれています。
また乳酸菌サプリの場合、配合されている量によって適量が違います。
ただ乳酸菌という事に関してだけ言えば、過剰摂取を心配する必要はないと考えておいていいでしょう。
ヨーグルトなどで摂取する場合、適量よりも過剰に摂取すると、乳酸菌については問題がありませんが、脂肪分、コレステロールの過剰摂取となる可能性があります。

お漬物などにも植物性乳酸菌が豊富に含まれていますが、お漬物の場合、塩分の過剰摂取になってしまう可能性があります。
つまり、乳酸菌については過剰になる事は考えられませんが、その他の栄養素に関して、食品によっては過剰摂取になってしまう可能性がある、という事です。

乳酸菌はお腹の中、腸内で善玉菌として働いてくれる菌です。
必要量を毎日継続的に摂取することが望ましいのです。
摂取量が気になるようでしたら、サプリメントなどから摂取する方がいいでしょう。

ここからは、乳酸菌を摂ることで期待できる効果をいくつか紹介したいと思います。
・まずは便秘解消効果http://humanrights-az.org/onakanotyousi.htmlです。
この整腸作用の効果は、乳酸菌の代表的な効果として多くの方にも知られている効果ですね。

次に花粉症緩和・改善効果http://arteutil.net/kahunnsyouwotaiou.html
乳酸菌にはとても多くの種類がありますが、その中の「プラズマ乳酸菌」という種類を摂取することで、辛い花粉症などのアレルギー症状を抑制したり、改善してくれるようです。

・インフルエンザやウィルス感染予防効果http://www.chipndough.com/innhuruennzayobou.html
寒い冬の季節になると毎年流行るインフルエンザ。
このインフルエンザの予防のために、予防接種を打つ方も多くいらっしゃいますが、それでもかかってしまう場合がありますよね。
一度かかると数日間高熱が続き本当に辛いもの。
そんなインフルエンザにかかりにくい体つくりを乳酸菌がサポートしてくれます。

・美容効果http://www.californiastemcell.com/biyoukouka.html
美容に良い成分はコラーゲンやヒアルロン酸、プエラリアなどが有名ですが、乳酸菌にも高い美容効果が期待できるそうです。

・ダイエット効果http://www.claytonbookshop.com/kennkoutekina.html
年齢を問わず多くの女性が日々行っているダイエット。
炭水化物抜きダイエットや朝バナナ・夜トマトダイエットなど様々なダイエット方法が流行りましたが、どれも失敗でおわったなんて人がよくいるようです。
これらの食事制限ダイエットは便秘が起こりやすく体にも良くありません。
健康的なダイエットをしたいのであれば、乳酸菌がおすすめです。

乳酸菌はわたしたち人間にだけでなく、愛犬や愛猫用のサプリメントとしても使われています。
かわいいペットたちにもペット用の乳酸菌サプリメントをあげてみてはいかがですか?


Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.