生菌

死菌の乳酸菌の詳細

乳酸菌については、生きたまま腸に届かないと乳酸菌の働きは発揮されない、意味がないということが一般的な理解でしょう。
確かに生菌の乳酸菌は免疫力が高く効果を発揮する力も素晴らしいものですが、死菌であっても全く意味がないという事はないのです。

死菌となって腸内に取り込まれても腸に付着し善玉菌を増加させる効果を発揮する、また死菌であってもほかの乳酸菌のエサとなるため、それがある事で善玉菌が増殖させることができるという事がわかってきています。
死菌でも効果があるという事なら、高温殺菌して死滅した乳酸菌が配合された商品でも、品質が安定しより安全な乳酸菌食品として利用する価値があるという事です。

これまでは、生きたまま腸内に到達しないと、何の意味もない、と言われてきましたが、現在も乳酸菌の死菌に関して研究が進められており、色々なことがわかってきています。
死菌から有効な部分だけを取り出すことによって、さらに乳酸菌を大量摂取できるとか、飲み物や食べ物に利用する場合で高温で調理したとしても、死菌としての働きを持っているため、品質が変化せず健康に有効であるということも報告されています。
死菌にせよ生菌にせよ、私たちの健康に関して高い効果を発揮してくれるのですから、食生活の中に活かしていきたいものです。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.