生菌

乳酸菌群の種類

動物学者、微生物学者として知られるロシアのメチニコフ氏はノーベル賞を受賞した著名な学者です。
この方はノーベル賞受賞後、自身の研究の集大成という事で、長寿という事に関しての研究を行ったのですが、スタートで行った研究が乳酸菌生成エキスに関する研究でした。

その後、この方の長寿論を呼んだ日本の医師、正垣氏は、多くの人たちの健康を実現したいという事で、乳酸菌事業を開始、その意志を継いだ正垣一義氏によって、乳酸菌生成エキスが作られました。
実に長い間、この研究が引き継がれ成功したことになります。

この研究の中では、16種共棲培養特殊抽出法と呼ばれる特許製法によって乳酸菌生成エキスを作り出します
この共棲培養で作られたものが、16種類の乳酸菌群です。
高密度矯正培養法を用い、菌同士が勢力争いを行う事でより強固な菌を作り出します。
16種類の乳酸菌群はL.クルヴァータスBSC.001株、003株、LガゼイBSC.003株、004株、LアシドフィルスBSC005株、006株、LプランタラムBSC.007株、008株、009株、LファーメンタムBSC.010株、L.サリヴァーリュスBSC.011株、012株、L.プレヴィスBSC.013株、014株、L.ラムノーサスBSC.015株、016株という16種類の乳酸菌群です。

これらを利用し豆乳培地によって長期熟成させそのうちから特殊抽出することで効能豊かな乳酸菌生成エキスを作ることができます。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.