生菌

乳酸菌の耐熱温度

乳酸菌は生きているので、適温で過ごしやすく成長しやすい環境であればどんどん増殖しますし、生きていけないような温度になれば死滅してしまう事もあります。
乳酸菌といえば、生きたまま腸に届くことが一番とされ、多くの商品がこの生きたままという言葉をうたい文句にしています。
乳酸菌が活発になる温度、死滅してしまう温度など、耐性温度を知っておきましょう。

まず、乳酸菌が一番暮らしやすい温度は、40℃前後という温度です。
人が快適と感じるよりも高い温度が乳酸菌にとって適温です。
このくらいの温度であればかなり増殖します。
でも60℃くらいになると弱い菌なら数分、強い菌でも数十分程度で死滅してしまいます。
そう、乳酸菌は高温に弱いのです。
100℃という温度になれば数秒、若しくは即死状態ですから、生きたまま乳酸菌を利用したいという事ならなるべく加熱しないという事が必要となります。
搾りたての牛乳には乳酸菌がふくまれているため、牛乳から作られている生クリームやソフトクリーム、アイスクリームにも乳酸菌が含まれていると思っている方もいるようですが、製造過程で高温処理をしているため乳酸菌は死滅してしまっています。

低い温度という事になるととても強いです。
死ぬことはありません。
たとえ自身が凍っても休眠状態や仮死状態となっていて、常温に戻すことで仮死状態から戻ってきます。
冷凍されている場合、ぱっと見、死滅?と思うのですが、40℃くらいの適温まであげると次第に活発に動き始めるのです。

最近の研究で生きたまま腸に届かなくても、死滅したものでも部分的に抽出し利用することで有用な働きをすることがわかってきていますので、死滅していても利用価値があります。
ただ生きたまま腸内に届くことで腸内環境を改善する力が強いことは間違いありません。
適度な温度で利用することが大切です。
http://www.nhnm.org/okasi.htmlでは、乳酸菌が摂取できるお菓子がいくつか紹介されています。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.