生菌

胆汁酸に弱い乳酸菌

乳酸菌は胃酸や胆汁酸などに弱いため、これら消化液に強い乳酸菌が含まれているものがより良い菌といわれます。
消化液に強いという事はそれだけ、腸に生きたまま届く乳酸菌が多くなるという事です。
死滅した乳酸菌にも働きがあるとして研究されていますが、生きたまま元気な状態で届くことがやはり、腸内で善玉菌を優位に持っていくために必要なことです。

乳酸菌は消化液の中でも特に胆汁酸に弱いとされています。
胆汁酸は肝臓によって合成され、短銃の主成分として、十二指腸から分泌されます。
海面活性作用を強く持っているため、脂質、脂溶性ビタミン成分の入荷、食物の消化活動を促進する、補助するという働きを持っています。
またこの海面活性作用は強力な殺菌効果を持っているため、菌からすれば驚異の存在です。

でも腸にとっては、この消化液があるからこそ、栄養吸収ができるまでに食べ物がこなされているわけで、無くすわけにはいかない重要で不可欠なものです。
となると、やはり乳酸菌に強くなってもらうしかありません。
動物性乳酸菌の場合、酸に対する耐性が低いため、なかなか胃酸や胆汁酸に勝つという事が出来ませんが、植物性の中には酸や塩分などに耐性を持つ強い菌が存在しています。
腸内環境が良くなり常に免疫力などを向上させておくために、胆汁酸に負けない強い乳酸菌の摂取が必要です。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.