生菌

乳酸菌が良い成分という理由

私たちの腸内にはなんと100兆個、重さにすると1キログラムほどの細菌類が暮らしています。
その種類は100種類以上といわれます。
このものすごい数の種類、腸内に棲息する菌類は、悪玉菌と善玉菌、日和見菌という分類に分けることができます。
このうち、人に有効な働きをしてくれるのが善玉菌です。

人の腸内によって乳酸菌のバランス、含有量は全く違い、食生活や精神的要因などが複雑に絡み合い、悪玉菌を撃退するために日夜働いています。
乳酸菌は糖を分解し、乳酸、酢酸など酸を作り、酸に弱い悪玉菌を抑制、減少、排除するという理想的な働きをしてくれます。

またこの分解の際に出来る乳酸や酢酸は、大腸をうまく刺激して腸の蠕動運動を活性化し、動きが活発な腸にしてくれるため、便秘の解消、また栄養素の吸収などをうまく行う事が出来るようになるのです。
また乳酸菌というのは実に様々な働きを持っており、ビタミンを作り出すという効果も持っています。
特にビタミンB群を作る天才です。
このビタミンB群は腸管を通じ皮膚内部に到着すると、その中で傷み利用できなくなるような菌へ働きかけを行い、細胞分裂を促すという効果も持っているのです。
ウイルス予防、免疫力効果、抵抗力アップ、アトピーやアレルギー疾患の改善など、高い健康効果を持っている乳酸菌、有効に活用していきたいものです。

Copyright © 気軽に摂れる事で有名な成分 All Rights Reserved.